FC2ブログ

こよみのつれづれ日記

田舎くらしの毎日 エコでヘルシーな生活を楽しくつづります

若い子たちはピータータンなんですって!

最近味覚の話が多いのですが
 今日もまた味についての記事がありました

ピータータンというのは
 ピーターパンとタン(舌)を合わせた造語

子供のままで大人になれないピーターパン
そんな子供のままの舌を持っているという事なんですって



20代の若者が 嫌いな味 苦手な味として
 苦味 酸味をあげる人が増えているのだ

確かに私も小さい頃は 苦手でした

秋刀魚のはらわた 酢の物 野菜の煮物

それらも20才を過ぎる頃から
 徐々に食べられるようになって

今や好物とは言えないが
 食べたいなと思うようになったのだ



記事では なぜピータータンが増えたかというと
 親や先輩の優しさが原因ではないかとしている

確かに この頃親は子供に嫌いなものを無理強いしない
 仲良し親子が多い

先輩や周りの人も ビールを飲めと強要したりしない


もうひとつが 大人に対する憧れがなくなった
 という事だそうだ

渋い大人の俳優に憧れ
 苦いコーヒーやビールを飲めるようになる

そんな大人の真似をして 大人の味に親しむのがなくなってきた



私は味覚だけでなく 柔らかい食品を好む
 我慢しないなんていうのも 同じ原因でないかと思う


個人の好みで済ませていいのだろうか

苦味には 色んなミネラルやポリフェノールが詰まっているようにも思う

食品に関しては 何でも食べた方がよさそうだ



いつもご訪問ありがとうございます
ブログランキングに参加しています
二つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



[ 2015/01/22 09:00 ]  体の事  食の事 | TB(0) | CM(4)
なるほどなあ
憧れの大人・・・・少ないなあ。

だから大人に対する憧れが、ない。

ピータータン、
小学校の給食を思い出しました。
変な表現ですが、経済的に苦しい家庭の子供のほうが
給食を、きちんと食べていました。

嫌いなものを食べなくても叱られなかったAちゃんは、入学して
給食が大変でした。ほとんどのモノが食べられないのです。
少しずつ練習していきましたが、数年かかりました。
[ 2015/01/22 12:18 ] [ 編集 ]
もりんさんへ
もう何年も前から
子供達が 大人になりたくない
子供のままの方が 辛い事や疲れる事はしたくない
なんて風潮が蔓延してきて
憧れるような大人がいない と聞きました

味覚の世界まで 広がってきたんですね

近倉健さんや六月みどりさんみたいな
生き方に憧れるような方々が少ないのは
私たち世代の責任かもしれません

[ 2015/01/22 15:00 ] [ 編集 ]
koyomiさま、こんばんは〜☆”

「ピータータン」とても興味深いです♪

それでなのかな?っと感じたのは、
「お酢」の酸味が最近は鋭くないような…?
以前は酢酸ご自慢の「ツン!」とした香りと、
むせるような(笑)お酢独特の味覚が調味料として、
とても美味しく酸味の味を仕上げることが出来たのですが…。

近頃のお酢は「まろやかさ」が特徴なのですよね。
お酢の酸味、大好きだったのですが…ちょこっと残念です。

小太郎君♡
おひさしぶりです!!
かわいいポーズでカメラ目線がキュートです〜♡
さんまのハワラタ、お猫さまの大好物ですね♬”
[ 2015/01/22 17:56 ] [ 編集 ]
よもぎさんへ
コメントありがとうございます^^

昔のはそうでしたよね
私もそこが苦手だったんですが・・
今使ってるお酢は 昔ながらの製法だそうで
ムレ香というのがします
ツンとくるあの味です

今のお酢がすっぱくなくなったのは
製法の違いかもしれませんね

小太郎元気なんですが
いざ写真を撮ろうとすると逃げます
滅多に撮らしてくれません(^^;)
よもぎさんちの三兄弟はどうですか?
[ 2015/01/23 09:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する