FC2ブログ

こよみのつれづれ日記

田舎くらしの毎日 エコでヘルシーな生活を楽しくつづります

防災・減災

もう三年前になりますが
 子供の学校で 河田惠昭先生の
「防災と減災」のお話がありました

河田先生は 当時阪神・淡路大震災記念
人と防災未来センター長をされていて

丁度 東日本大震災の後でした

その時に買った本が 三年ぶりに戻って来ました
 私も忘れていたのに 猫じゃらしのお土産付で

20141104232948263.jpg


その時のお話で

「防災も大事だけれどいかに被害を減らすかの減災も大事」

男性は 安全より経済を優先してしまう
女性は 子供を守るため安全が一番大事だ


「原子力発電所の問題でも 男性はどうしても経済を優先しがちだ」

確かこのようなお話をされたのが 印象的でした




あれから原発は 点検等で止まりましたが
 この冬にも再稼働されます

安全面でもまだまだ十分確認できたと言い難いのに
 原発なしに電力を確保する努力もせずに

このまま 男性達に任せておいて大丈夫なのか とても心配です




大変な事が起こるかも知れない という事に対して
 備えるのが 危機管理です

日本国中 危ないところだらけ
 常にどうしたら身を守れるか考えないといけません

いざというときの助けには 自助 共助 公助の3つがあります

この割合は 7:2:1だそうです
 自分の身は自分で守る

しかし住民の多くは 1:2:7と誤解していて
 混乱がおこるのです

国や県 市町村は 公平にということで
 機動力がないのです

何か事が起こる前から 自分で準備するのが大事なのです

そして隣近所の助け合いです




この本は 地震などの自然災害だけでなく
 人生においても危機管理の大切さを教えてくれました 

ジュニア新書なので読みやすいかったです


いつもご訪問ありがとうございます
ブログランキングに参加しています
二つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



[ 2014/11/05 09:00 ]  体の事  社会の事 | TB(0) | CM(2)
勉強になります。
こういう一大事で、男女の差がでるのですね。

経済と安全・・・難しいですね。
やっぱり、私は子供の安全。 孫の安全を考えます。
[ 2014/11/05 18:40 ] [ 編集 ]
Re: 勉強になります。
そこが 女性的な考え方なんでしょうね
男性だって 家族のことは大事なんだけど・・・

どちらにしても 市町村ではなく
助けになるのは 自分や家族 ご近所さんだそうですよ

東日本大震災 神戸の震災でも国は 後手後手でしたものね


[ 2014/11/05 19:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する