FC2ブログ

こよみのつれづれ日記

田舎くらしの毎日 エコでヘルシーな生活を楽しくつづります

白髪染めの危険

暮らしの中で起きる事故の原因を究明し
 再発防止に繋げるているのが 消費者安全調査委員会(消費者事故調)

事故調が カラーリングや白髪染め等で生じる皮膚障害を
新たに調査対象とする事を決めたそうだ


消費生活センターや保健所に寄せられた
 被害は 三年間で500件弱 うち73件が重症だった



染毛に使われる薬剤には 枯れ葉剤と同じ成分が入ってることが多いんですって


アナフラキーショック(急性ショック症状)は
 ヘアダイに含まれるパラフェンレンジアミン(PPD )によるそうで

これによって、呼吸困難・顔、口、喉の激痛
 アレルギー反応・皮膚炎・貧血・
 腎臓障害・発ガン性などが引き起こされる

この他にも 有害な成分はたくさん入っている


アメリカ国立ガン研究所は
髪を染めている女性は、ガンの一種である
 リンパ腫にかかる危険性が50%も増加する

              と報告しているそうです


またキューティクルを開くためのアルカリ成分が
 目に入って 角膜を傷つけ視力の低下失明の危険もあります




使用上の注意として 『持続する微熱・倦怠感・動悸・息切れ・
 生理等で出血が止まりにくい場合は、使用を避ける』とあります

子供には 特に注意が必要です
 親のヘアダイ中の事故 だけでなく
 子供にも染髪させてます

白髪染めの方が 強い成分が多いというだけでなく
 年齢的にも化学物質被害を受けやすい

また妊娠時には カラーリング剤の環境ホルモン作用によって
 不妊 胎児に影響が出ることもあるのです



ここまで分かっているのに 沢山の製品が作られ
 簡単に誰でもどこでも買える

消費者である女性も 染める事を止めない

先程の事故調も
 「重い障害の危険があることを一般の消費者は認識しておらず、
    対策が必要だ
」と言っている

安全なヘアダイの開発を早くしてほしいですね



いつもご訪問ありがとうございます
ブログランキングに参加しています
二つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



[ 2014/10/28 09:00 ] ★ こわい話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する