FC2ブログ

こよみのつれづれ日記

田舎くらしの毎日 エコでヘルシーな生活を楽しくつづります

1日の終わり ハッピーに

プロ野球も終わりに近づき
 あとは 日本シリーズが楽しみのお父さんも多いことでしょう

私は野球はあまり詳しくないのですが
 野球評論家の権藤博さんが書かれた一文に惹かれました

これは監督をされているときの事です

「投手の心はガラス細工のように繊細だ。
先発でも救援でも、打たれたまま降板するとあとに響く。
アウトを取るまで といっているうちに失点することもあるが、そういう試合はどうせ負けいくさだ。
曲がりなりにも打者をうち取って降りれば、打たれた傷口も生傷でなく、かさぶたになる
小さな“勝利”でいいから、一日の終わりだけは気持ちよく
長年の指導者生活で私はそこに心を砕いてきた。」

キリの良いところで…
 なかなか難しい事だと思います

駄目な一日でも
 終わりがハッピーなら
  明日も前向きになれる


とても素敵な言葉ですね

こんな監督さんなら 選手も一生懸命頑張ろうとするでしょうね


いつもご訪問ありがとうございます
ブログランキングに参加しています
二つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



[ 2014/10/07 09:00 ]  体の事  心の事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する