FC2ブログ

こよみのつれづれ日記

田舎くらしの毎日 エコでヘルシーな生活を楽しくつづります

PM2.5 受動喫煙

中国から飛んでくる微小粒子状物質(PM2.5)のことが又新聞に出てました

最近あまりマスコミで騒がないので
 ましになったのかな~って思ってたらそうでもなかった

相変わらず 飛んできてるようですね
 (鈍感なので 飛んでいてもわかりません(汗)

ところが、身近なところに濃度が極めて高い場所があるそうです

それは喫煙可能な室内です
 例えば、禁煙していない居酒屋だと、北京市の最悪時の濃度と変わらないんです

●「PM2.5はたばこの煙も危険だ」。
医師らでつくる日本禁煙学会は2月、こんな見解を発表した。

直径が2.5マイクロ(マイクロは100万分の1)メートル以下の微粒子は
化石燃料や草木などが燃えたときに発生する。
タバコの煙もそのひとつで、フィルターを介せずに周囲に広がる副流煙に多い。

中国から飛来するPM2.5よりも「受動喫煙の影響の方が大きい」と主張する。
様々な研究者が実際に測定したデータをまとめた学会の資料には、ショッキングな数字が並ぶ。

自由に喫煙できる居酒屋のPM2.5の濃度は空気1立方メートルあたり568マイクログラム。
中国政府が「最悪」と評したときの北京市の大気とほぼ同じ水準だ。

禁煙席でも、喫煙席とガラスや壁で完全に仕切られていない場合は同336マイクログラムに達した。



喫煙可能な喫茶店でも300マイクログラムを超えるなんて・・・

禁煙学会に所属する医師たちは2006年ごろから
 タバコのPM2.5問題を訴えてきたそうです

タバコの副流煙 以前から気になってましたが
 こんなに怖いことになってたとは

いよいよ きれいな空気 貴重になってきました



いつもご訪問ありがとうございます
ブログランキングに参加しています
二つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


 
スポンサーサイト



[ 2014/10/15 09:00 ]  体の事  環境の事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する